年中さん(4歳児)とはじめての新幹線!我が家のぐずぐず対策

便利情報

子連れで新幹線と言うと、子どもが飽きてしまわないかな?騒いで他のお客さんに迷惑をかけたらどうしよう?と、不安になりますよね。

私も初めて長男(この時4歳)と新幹線に乗る時は不安がいっぱいでした。

しかも初めての新幹線が、母(私)と息子の2人旅!

結論から言うと、事前準備のおかげもあり、全く騒ぐこともなく楽しく初めての新幹線を楽しむことができました!

では、初めての新幹線に乗るためにどのような対策をしたのか、詳しく書いていこうと思います。

※今回乗車した区間は東海道新幹線の東京駅~京都駅間です。(乗車時間2時間20分ほど)

 

スポンサーリンク

新幹線に乗る時間帯

私の経験からすると、お昼の時間に乗車するのがオススメです。

理由は朝早すぎず、子どもの睡眠や食事などの時間がいつもとあまり変わらずに、疲れがあまり出ない時間帯だから。

さらに新幹線の中でお弁当を食べる経験は普段なかなかできないので、大喜びするから。

我が家の長男は昼寝をほとんどしないので昼食後にお昼寝をしてくれませんが、お子さんによっては食後そのまま寝てくれると親御さんも休憩ができますね!

 

事前準備

4歳児というと、いやいや期の2歳前後の頃と比べると、良いことと悪いことはわかっている。

でも、疲れが出てくるなどして、ぐずぐずスイッチが入ると何をしても何を言ってもだめ。

本人も自分をコントロールできなくなります。

このため、おでかけ前夜はいつも通りしっかり寝かせて、朝ごはんもいつもの時間にしっかりと。

 

また、旅行前からどのように移動して、どのような楽しいことをするのかをこまめに話しておくことも、とても効果があります。

そして、みんなが楽しくなるためにはマナーを守ることがとっても大事!ということも重たくならない程度にちょこちょこ伝えます。

我が家の長男は電車のマナークイズ(勝手に私が作りました/笑)が好きで、問題を出すと喜んで答えて実践していました。

 

例えば、、

「電車の乗り方クイズ!静かな電車の中でおしゃべりしたくなった時に正しいのは?」

「1、電車の音がうるさいから大きい声で話す。2、他のお客さんの迷惑にならないようにこしょこしょ声で話す。」

 

正解すると、少しオーバーくらいに褒めてあげると、喜んでマナーを守ろうとしてくれます。

また、子どもは予定と違うことが起こると、「話が違う!」とぐずぐずスイッチが入ってしまうことも多いので、人がたくさんいるところに行くということは、予定外のことも起こることがあるという話も繰り返ししていました。

 

新幹線に乗る前

余裕をもって在来線に乗って(車内でも電車マナークイズをしたり、京都で何をしようかと楽しくなるおしゃべりをしていました)東京駅まで。

東京駅に着いたらまずは駅弁をゲット!

すぐに買うと荷物になってしまいますが、新幹線のホームや車内販売のお弁当は種類も少なく、子どもが喜ぶものはほとんどありません。

また、駅弁屋さんは大混雑なので、ギリギリにしてしまうと買えないということも!

このため、東京駅構内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」へ

こちらのお店は日本各地の名物駅弁など約200種類が揃えられていて、大人もちょっとわくわくしてしまいます♪

時間も5:30~23:00まで営業しているので、とっても助かります(時間帯によって準備中や品切れの駅弁も有)。

(公式HPよりお借りしました)

 

ここで子ども(特に男の子)に人気なのが「新幹線E7系弁当」

(公式HPよりお借りしました)

お弁当を食べたあとはお弁当箱としても使えます!

 

他にも土日祝日限定でポケモン弁当なんていうものも。

(公式HPよりお借りしました)

ただし、これらのお弁当は時期によって内容が変わったり、販売がなくなることもありますので購入したい場合は必ず公式HPでご確認をお願いします。→「駅弁屋 祭 グランスタ店」

 

無事に駅弁をゲットした後は、八重洲北口改札か八重洲地下中央口改札から1度改札をでて東京駅一番街へ。

ここには東京キャラクターストリートというキャラクターショップがたくさん集まっているエリアがあり、ここで長男を遊ばせました。

トミカのショップでは実際に遊ぶことができたので、ここで長男は在来線の我慢を発散!笑

また、大きくない物なら新幹線の中で遊ぶおもちゃを買って良いと言っていたので、遊びながらもおもちゃ選び。

結局、買ったのはウルトラマンショップでマグネットブックを。

これがなかなか時間を潰せてとても良かったです!

キャラクターストリートには男の向けだけではなく、女の子も喜ぶお店がたくさん入っています。

新幹線に乗る前に少し遊ばせたいと思った時にはちょうど良いですよ♪

 

いよいよ新幹線乗車

東京駅一番街で1時間ほど遊んだ長男、荷物も自分で持って程よく疲れています。

 

ちょうど座りたいなぁと思ったところで新幹線に乗り込み、早速駅弁タイムです。

長男が駅弁屋祭に行った時には新幹線こまちのお弁当もありました。

お腹もすいていたので、いつも以上にもりもり食べましたよ♪

 

車内では食事→ウルトラマンマグネットブック・持参したおもちゃで遊ぶ→車内販売でアイス→のんびり、、と過ごしていましたが、乗車時間2時間を過ぎた頃から疲れが出始めました。

昼寝ができない長男は寝るに寝られず、なぜかお気に入りのミッキーのぬいぐるみを寝かしつけていました。笑

本人は床に座り込んでしまいましたが、特に騒ぐわけでもないので好きにさせました。

 

この時、長男は小学校に入る前だったので、指定席は大人の膝上なら無料、自由席なら座らせても無料でした。

でも、指定席だと膝上では狭くて遊べないし、隣のお客さんに迷惑をかける可能性がある。

自由席は早めに行って並ばないといけないため、指定席を予約しました。

結果的には大正解だったと思います。

のんびりとストレスなく新幹線の中の時間を過ごせました。

 

最後の方は少し疲れがでたものの、騒いだりいやいやスイッチが入ることもなく無事に京都着。

長男も私もちょっと自信がついた旅になりました☆

 

まとめ

  • 事前準備が大事!→繰り返し言い聞かせたり、楽しいことをイメージさせる
  • おでかけ当日の朝はできるだけいつもと同じように行動(起きる時間や朝ごはん)
  • 新幹線に乗る前に体を動かすか、何か子どもが喜ぶ遊びをさせる
  • 新幹線に乗る時間帯は昼時に合わせる(車内でランチ)
  • 新しいおもちゃといつものおもちゃを準備する
  • 他のお客さんに迷惑をかけていないなら、ちょっとぐらいのことはおおらかに
  • 親も子どもとの時間を楽しむ!

以上のことを気にしていたら、子ども2人での新幹線旅行はまったく困ることもなく、とても楽しかったです。

今回の新幹線で行った旅行の記録はまた後日書いていきます。

 

それでは、楽しいおでかけを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました