子連れでも楽しめる京都(大阪)旅行2日目(後半)

前回の「子連れでも楽しめる京都(大阪)旅行2日目(前半)」から引き続き、2日目の後半を綴っていきます。

ちなみに2日目の行程はこちら、、

ホテルイビススタイルズ京都ステーション出発→京都市動物園→嵐山で昼ごはん→天龍寺→嵐山の竹林→野宮神社→地蔵院→鈴虫寺→京都駅→ユニバーサルシティ駅→ユニバーサル・シティウォーク大阪で夜ごはん→ホテル京阪ユニバーサル・タワー(宿泊)

前回の記事では人力車で野宮神社を回り、鈴虫寺に向かうバス停に送ってもらうところまででした。

今回はバスに乗ったところから始めていきます。


スポンサーリンク

旅行2日目(後半)

嵐電の嵐山駅近くのバス停から鈴虫寺に向かおうしていた私ですが、人力車のたまちゃんに鈴虫寺行きの京都バス(市バスでは行けない)は渡月橋を渡った先のバス停からバスに乗らなくてはいけないことを教えてもらいました。

送ってくれたたまちゃんにお礼を言うと、すぐにバスが到着。

終点「苔寺・すず虫寺」バス停で降りました。

旦那さんとは鈴虫寺で合流する予定でしたが、まだ少し時間があったので10分ほど歩いたところにある地蔵院へ。

こちらは竹のお寺ということで有名なのですが、私は苔の緑がとてもきれいなのが印象に残りました。

お堂に上がるとそこはとても静かで、参拝している方も心を静めているのがわかりました。

息子も他の方にならって静かに座り、お寺での過ごし方を学んだようです。

歩いていても大きな声で騒ぐわけでもなく、少し成長が感じられました。

地蔵院からバス停に戻り、今度は鈴虫寺へ。

ここでやっと旦那さんと合流。

息子も気が緩んだのか、抱っこをせがんで甘えていました。笑

鈴虫寺は1年中、鈴虫の声を聞くことができ、説法を聴くこともできるので貴重な体験をさせることができます。

(時間は30分ほどあるので、小さいお子さんは飽きてしまうかもしれません。廊下側の席に座れば退席しやすいので、そちらをオススメします。)

さらに、こちらでお守りをわけていただき、お寺の門前にいらっしゃるワラジを履いたお地蔵様に1つだけお願いをすると、お地蔵様が家まできて願いを叶えてくださるそうです。

お願いの仕方が決まっているので、詳しくは鈴虫寺で。

余談ですが、私は息子も、この旅行の後に産まれた次男も鈴虫寺のお地蔵様に力を貸していただいて授かったと思っています。

割とそういう方が多くいるようで、鈴虫寺の住職さんもぜひ子授けのお願いをしてみてくださいと話されていました。

また、私の場合はたまたまかもしれませんが、安産のお願いもご利益があったと思っています。

鈴虫寺を後にした私たちは、タクシーで京都駅まで。

次は翌日のUSJに備えて、ホテル京阪ユニバーサル・タワーに前泊です。

京都駅から大阪駅まではできるだけ早く、さらに確実に座りたかったため、特急電車で行きました。

(速さ重視で新幹線で行くことも考えたのですが、ユニバーサルシティ駅までに新大阪と大阪で乗り換えるのが大変だろうと考え、大阪駅まで行く特急にしました。)

(ここで友人夫婦と合流し、ホテルの一泊と翌日のUSJに一緒に行くことになりました♫)

ユニバーサルシティ駅に着くと、まずはホテルにチェックイン

(ホテル内のフォトスポットではしゃぐ息子)

時間は18時前だったので、そのまますぐにユニバーサルシティ・ウォークという商業施設に行き夜ごはんを食べることに。

しかし、どこのお店もなかなかの混雑。

せっかくなのでお好み焼きを食べたいという旦那さんの意見で「お好み焼き鶴橋風月ユニバーサルシティウォーク大阪店」に行きました。

(お腹がすいてお疲れの息子)

(風月ではお好み焼きをを店員さんが焼いてくれます。手際の良さに息子も興奮!)

お好み焼きや焼きそばなど、鶴橋風月のメニューを美味しくいただいた私たちは、翌日のUSJに備えてホテルでゆっくり休みました☆

いよいよ3日目は息子が1番楽しみにしていたユニバーサルスタジオジャパンです!

その様子はまた次回に。

ご覧いただき、ありがとうございます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク